上級者用

ブルグミュラー『天使の合唱』の演奏ポイントと練習方法☆【大人から始めるピアノ独学】

今回はブルグミュラーの『天使の声』の練習目的、音楽用語、演奏ポイントそして練習方法について解説していきます(#^^#)!!

「天使の合唱」

「天使の合唱」と聞いてあなたはどんなイメージを持ちますか?

私は、きらきらしていて、豊かな柔らかい響きをイメージします。

イメージするものは人それぞれだと思いますが、そのイメージを大切にして練習に励みましょう☆

練習目的

分散和音の練習。

音楽用語

  • armonioso(響きを調和させて)
  • cresc.(だんだん大きく)
  • dim.e poco riten.(だんだん弱くしながらすこし遅く)
  • Piu Lento(さらに遅く(ゆるやかに))

演奏ポイント

IMG_0469

柔らかい響きをつくるようにイメージしましょう。

自分で出した音を良く耳で追うようにしてみてください。1フレーズで1つの響きをつくるイメージです。

小指の音が痩せないように手首や腕を利用しましょう。(鍵盤に対していてうも指が垂直に入るように・・・)音が上るときは手首は外側に、肘はふわっと開きます。音が下がるときはその逆で、手首は内側に、肘も少し閉じるイメージで。(左手は逆のことが言えます。)

右手から左手、左手から右手に移り変わるときは注意をしなければいけません。特に4、9小節目のようなところは、左右に移り変わるたびに音が切れないようによく響きを聴き、手で出来る限りレガートをしましょう。

13、14小節目は左のメロディが上向して下がるのに対して、右手は「ド・シ・ラ・シ」と下がって上がります。二つの反する音型に耳を傾けて弾きましょう。

26小節目は左手の和音が固くならにようにしましょう。和音の響きの中に右手の音を迎い入れるイメージで。また、cresc.があります。今まで幅広く響きを出しましょう。

練習方法

①も②も、左→右、右→左の移り変わりをレガートに弾く練習です。

鍵盤に触れる指先の腹に意識を集中させ、音が切れないように響きをつくりましょう。

IMG_9923

関連記事

「大人になってピアノ再開!」には【大人のブルグミュラー】がオススメ。その特徴と練習方法