独学経験談

ピアノ独学体験談【50代】

50歳からのピアノ独学に成功したことで、何かを始めるのに年齢は言い訳にはならないことを実感しました。

今回は実際に50歳になられてからピアノ独学に挑戦した方の体験をご紹介していきます。(*‘ω‘ *)★

スポーツ選手で50歳の方はなかなかいないですよね・・・でもピアノは「座って演奏できる」「スポーツのような筋力が必要なわけではない」この2点によって、年齢の上限がありません。

実際に私の尊敬しているピアニスト「ミエチスラフ・ホルショフスキー」さんは95歳に初来日しカーネギーホールでリサイタルをされ、その後99歳まで公開演奏会を行いました。世界で今もなお活躍されているピアニストは70歳を超えている方も沢山いらっしゃいます。歩くのがやっとになっても楽しむことが出来るのがピアノだと私は思います。

セカンドライフに・・・と考えたのがきっかけでした。

e76eba2ad8eff90b2ea9246a32c24a1c_s

 

ここからは、Aさんの体験談を書いていきます。

私は50歳の時に、今後定年を迎えてセカンドライフを送る場合、何か楽しみがあるだろうかと考えました。すると思っていたほど熱中している趣味がなかったため、何でも良いので新しいことにチャレンジすることに決めました。そうして私が選んだのが「ピアノ」でした。ピアノは娘が幼い頃に習っていましたが、親である私は全く弾くことができませんでした。遠い昔に音楽の授業で鍵盤ハーモニカを扱っていましたが、当時もそれほど得意ではありませんでした。しかし多くの人が年齢を重ねても成功談を持っているので、私もあえて苦手なことを練習して自慢してやろうと考えました。

指と頭のトレーニングにぴったりです。

ピアノは指をたくさん動かし、楽譜通りに演奏することが基本なので、指と頭のトレーニングにぴったりです。少し間違っても臨機応変に次の動作に移るため、アドリブ力も養われます。独学にしたのは、わざわざ講師に依頼してまで本格的なピアノ演奏を望んでいなかったためです。独学であれば自分の好きな時に練習したり、具合が芳しくなければ練習を中止することも自由です。最初は片手間で行う予定でしたが、実際に練習をすると子供の時より上手く弾けて楽しかったのを覚えています。子供の時は鍵盤の場所が遠くに見えて、指が届かないことが多かったです。大人になって視界が広がり手も大きくなったことで、リズムと音階さえコツを掴めば、上手くなると確信しました。

電子ピアノで騒音対策&秘密の練習

a0002_002416

私が練習に使っていたのは、電子ピアノです。娘が家にいた時はグランドピアノがありましたが、結婚してピアノと疎遠になったので売っていました。確かに電子ピアノはグランドピアノより音の質が落ちると素人でも分かりました。しかしボリュームを調整できるので、近隣への騒音対策には便利でした。最初は上手くなったといっても、美しい音楽を1曲演奏できるほどではなかったので、毎日私の下手な演奏を聞いていたら迷惑がられる可能性がありました。電子ピアノはヘッドホンを使うこともでき、家族にも知られない秘密の練習に十分でした。

教本から知識を得ました。

IMG_9384

独学では知識に限界があるため、ピアノ教本は何冊か購入しました。どれが優れた教本なのか分かりませんでしたが、とりあえず良さそうなのを選びました。教本に共通して書かれていたのが、指の形です。手のひらに卵があるように、柔らかく丸い形をキープします。他にも鍵盤は指先だけ触れさせて、爪は定期的にカットすることにも言及していました。慣れない動作だと手首に力が入って、指の腹全体で強く押してしまいますが、基本的な演奏スタイルはリラックスすることだと理解しました。

音符の長さやリズムは習うより慣れろ

苦労したのが楽譜を読むことです。私が最初に練習した思い出の曲は、ベートーヴェンの「エリーゼのために」です。この曲はクラシックに疎い人でも名前を聞いただけでメロディが浮かぶほど有名です。四分音符や八分音符、所々の音符で見かける付点などのリズム感がいまいち分かっていなかったため、知っている曲でそれぞれの音符が意味する長さを整理することにしました。教本には詳しく音符のことを説明していましたが、最終的には「習うより慣れろ」で、実際に曲を追いながら楽譜を確認した方が習得が早かったです。家族が「エリーゼのために」のCDを持っていたので、それをかけながら自分が演奏する曲のお手本としました。よく知っている部分はほんの一部に過ぎないことを知って、本当に演奏できるか不安でしたが、マイペースに練習を重ねることで、自分のものにできました。その後はトルコ行進曲やくるみ割り人形など、やはり一度は聞いたことのあるクラシックの名曲をセレクトして、自己満足できる程度には仕上がりました。家族にもピアノを聴かせるととても好評だったため、練習した甲斐がありました。

最近はJポップを練習★オシャレなおじいちゃんになったと自負しています。

IMG_6856

ピアノが趣味だと公言できるまで5年かかりましたが、気負いなく取り組んでいたので、あまり長い時間を費やしたようには感じていません。最近練習しているジャンルは、Jポップです。動画投稿サイトで人気のJポップをピアノで演奏するのを見かけてから興味を惹かれ続けています。彼らは耳コピで楽譜のない楽曲を演奏していることもあり才能に驚いています。私は音楽ショップで販売されている楽譜を見ながらの練習です。Jポップを演奏し始めてからは、最近の流行曲を頻繁にチェックするようになったため、以前の私と比べると若者文化をすんなりと受け入れ少しおしゃれなおじいちゃんになったと自負しています。